気持ちが軽くなる治療

医者

安心してきれいになる

いぼは誰にでもできるもので、ある日突然見つかります。首や脇の下、足の裏など身体中至るところに発生します。さらに大きさや数もまちまちなので、特に目立つところにできてしまった時にはとても気になり、人によってはそれがコンプレックスへと繋がっていきます。そうなると心への影響も大きく、人前に出ることすら嫌になってしまいます。しかしいぼ治療を受けると、そんな引け目の原因がきれいになくなります。いぼ治療には液体窒素やレーザー治療などがあり、レーザーにもさらに種類があるので一番いい方法を選べます。液体窒素を使った治療をすると、おおよそ2週間ほどで治療跡が目立たなくなります。またレーザー治療であれば、処置した後の炎症は目につきません。どちらにしろ効果がはっきりと出るので、治療をしたいという人は後を絶ちません。またどちらの治療法であっても、病院にいる時間がそれほど長くなくて済むのも特徴です。学校帰りや仕事が終わった後に病院に立ち寄って治療を受けられ手軽さも人気の理由と言えます。また液体窒素を使う時もレーザー治療の際にも、痛みを感じないように麻酔をします。もし痛みがあると治療に通うのも億劫になってしまいますが、なるべく苦痛を感じないようなやり方があるので、通院するにも気が楽になります。いぼを治療するためにクリニックを利用するのは、専門性が高く適切な処置を受けられるためです。悪いできものではないかと心配があるものに対して、クリニックでは病理検査ができます。ただ見た目が気になるいぼだと自己判断していたら、実は悪性腫瘍だったという場合も中にはあります。クリニックでは見た目をきれいにするだけでなく、そのできものが本当はどんなものかが調べられます。万が一悪性の場合には、それが初期のものであれば手術で全てを摘出すると完治に繋がることもあります。このようにクリニックは専門の治療が行えるため、除去する前に念のため調べてから適切な処置が受けられます。またクリニックでいぼを除去する場合、それが治療にあたるものであれば保険が適用されます。通常美容目的で取ると実費を支払うことになりますが、いぼを取り除くことが治療の一環だと認められれば健康保険が使え、クリニックであればその診断ができます。このようにクリニックではいぼの本質について正確な判断を下すことができ、手術で取り去る必要があるのか、または液体窒素やレーザー治療で除去するのかの判定してもらえます。その後安心して適切な治療に専念するのもクリニックを利用する目的と言えます。

レディ

皮膚科で治す

いぼは、皮膚にできる小さなしこりです。老人性疣贅と尋常性疣贅の2種類があり、数ミリから一センチ程度の大きさです。一般的な治療方法は液体窒素を使った治療です。痛みが伴いますが、安価に治療できる人気の施術方法です。

顔を触る人

丁寧なカウンセリング

いぼにはウイルス性のものと加齢性のものがあります。ウイルス性のいぼは感染するリスクがあり、早めの治療が肝心です。治療は炭酸ガスレーザーが一般的で、治療後は一週間くらいで治療跡がキレイになります。施術前には局所麻酔を施すので安心です。

顔を触る人

発症する部分と原因

いぼにはウイルス性と老人性があり、ウイルス性の場合には自分で治療するのは難しいので病院で治療した方がいいでしょう。病院での治療にはレーザー、液体窒素、内服薬がありますが、いぼの種類や原因によって自分にあった治療方法を選びましょう。

看護師

液体窒素やレーザー治療

いぼは加齢や、ウィルスなどが原因ですが、ウィルスが原因の場合は指で刺激をすると、健康な皮膚に広がってしまう可能性があります。まだ数が少ないうちに美容皮膚科や皮膚科のクリニックを受診して下さい。丁寧に診察を行い、最適な方法を提案してくれます。