女性

発症する部分と原因

顔を触る人

病院での治療法

顔、指、首など様々なところにいぼはできますが、どうしてできてしまうのかご存知ですか。発症原因によって種類が異なりますがウイルス性と老人性に大きく分けることができます。ウイルス性の原因となるのがヒトパピローマウイルス等が感染することによって発症するウイルス性いぼです。ウイルス性の場合は自力での治療が難しいので、発見したら速やかに専門のクリニックで医師に診てもらいましょう。老化が原因で発生する老人性いぼは、紫外線の影響や老化が原因で、首や顔、腕などにできやすい特徴がありますが肌の代謝をよくすることで取ることができます。顔にできてしまうと目立つので困ってしまいますが、顔の場合には青年性扁平疣贅がほとんどで顔の傷からヒトパピローマウイルスに感染することによって発症します。大きさは0.5〜1?程度でやや盛り上がっているのが特徴です。顔には老人性疣贅のものもできる事もあり、1〜2?と初めは小さいのですがそのままにしておくと大きくなってしまい、肌よりも黒いのでいぼが目立ってしまいます。首の場合には早い人で30代頃に発症しますが、50代で発症する人がほとんどで小さいいぼがたくさんできるのが特徴です。また紫外線以外に衣類の摩擦による刺激が原因となって発症します。指や足の裏にできるものは尋常性疣贅と呼ばれるもので、ヒトパピローマウイルスが傷口から侵入して感染・発症し、いぼがだんだんと大きくなって抑えたりすると痛みを感じます。自分では治すことはできないので病院で治療する必要があります。老人性の場合には自宅で取れるものもありますが、自分で取ることが難しいものがほとんどなので病院で適切な治療を受けると良いでしょう。病院で行う治療にはレーザー、液体窒素、内服薬の3つがあり、種類や原因にあった治療を行います。レーザー治療は炭酸ガスレーザーを使い、レーザーをいぼにあてると水分がレーザーの熱に反応して蒸発し、その際にいぼを切除することができます。治療の後はほとんど残らず1〜2回と治療期間が短い事が特徴で、自費診療になるのでいぼの大きさや数、治療する病院によって費用が異なります。液体窒素による治療はいぼに液体窒素をあてて凍らせる方法で、数回押し当てていぼの細胞を破壊していく、昔から行われている治療方法になります。保険が適用されるので治療費はレーザー治療よりも安くなりますが、治療の後が残る可能性があります。内服薬はヨクイニンというハト麦から抽出されたエキスが主成分の漢方薬を使用することが多く、免疫機能を活性化してイボを治療することができます。漢方薬なので副作用の心配がないのでお子さんでの飲むことができますが、効果がでるまでに時間がかかるのがデメリットです。3か月を目安に飲み続けますが、飲んだからと言って完全に治るという訳でもありません。市販薬もありますが、薬を飲む場合には医師に診察してから処方してもらった薬を飲むと良いでしょう。