女性

丁寧なカウンセリング

顔を触る人

炭酸ガスレーザー

顔にいぼがあると、男性の場合はひげ剃り時に引っかかったりします。女性の場合は化粧がしづらくなり、表情が沈んで見えたりします。いぼが多いと年齢よりも老けた感じになることもあります。それ故、老若男女問わず相談の多いスキントラブルで、皮膚科に通院するケースも多くなっています。深刻な病気に関連することもあるので、気になれば専門の医師に相談するのが良いと言えます。いぼの治療法は大きさや深さによって異なり、レーザー除去や電気メス除去、そして手術による除去があります。医師のスキルや経験によって経過に違いがあるので、熟練した医師に依頼することが大事です。ネットなどで調べ、熟練した医師が多数在籍しているなら、信頼性の高い美容外科と判断できます。また、形成外科の認定医が在籍しているならより安心で、スキントラブル全般に関して専門的な対処を受けることが出来ます。いぼ治療を受けるなら、保証制度を設けているクリニックを選ぶ方が安心です。一度で取り切れない場合でも、保証期間内であれば、低価格で再施術を受けることが出来ます。軽度ないぼの場合は、炭酸ガスのレーザーを用いて除去します。皮膚組織の水分がレーザーによって熱せられ、組織そのものが破壊されるわけです。出血などは殆どしないので、ダメージを最小に抑えられるのもメリットです。炭酸ガスレーザーによるいぼ除去は、小さなものであれば一度の照射で完了します。但し、根が深いものは2?3度の照射が必要になることがあり、医師による判断が肝心になります。施術前には局所麻酔を施すので、施術中に痛みを感じる心配がありません。治療後は小さな絆創膏でカバーし、一週間くらいで治療跡がキレイになります。治療後の注意点としては、治療箇所を日に当てないことです。施術に際してはカウンセリングを受けますが、丁寧な説明を行うクリニックを選ぶのが良いわけです。仕上がりのキレイさ優先する医師は信頼性が高く、自分のスキルに自信を持っている証拠です。いぼを同時に複数除去することも可能なので、気になるところは早めに医師に相談することが大事です。特に女性の場合は、いぼが多いと化粧するのが大変なので、隠すのに苦労するわけです。それが治療で除去できれば、明るい生活にもつながります。いぼには多く、ウイルス性のものと加齢性のものがあります。ウイルス性は感染するので、早めの治療が望ましいと言えます。加齢性のいぼは60歳以上の8割が発症すると言われており、感染するリスクはありませんが、一度除去しても再発する可能性があります。大切なことは自己診断しないことで、皮膚科や形成外科に相談することです。